モンベルのシュラフ(ダウンハガー800#1)引退の予感。

テント、シュラフ、マット、ピロー編
03 /31 2017
3日前の記事に引き続き、引退しそうな予感のシュラフの記事を書いてみる。
モンベルのダウンシュラフ。
ダウンハガー800#1ロングタイプだ。

IMG_4067.jpg

コイツを購入したのは昨年だ。
記憶ではH28.11頃のはずだ。
購入は思いがけない出会いだった・・・・。
福岡のアウトレットモール、マリノアシティ福岡に家族で買い物に出かけた際に、モンベルストアで安売りしていたのだ。
本当は#2が欲しかったんだけど、アウトレットは無くって#1を購入。

IMG_4065.jpg

当然、スーパーストレッチだ。

IMG_4064.jpg

1年前のモデル、しかも海外モデルでロングタイプだから売れ残っていたのだ。


ちなみに仕様はこんな感じだ。

ダウンハガー800 #1 ロング
【素材】表地:10デニール・バリスティック® エアライト[ポルカテックス®加工]
【重量】969g(1,004g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】オレンジ(OG) ⇐海外モデルはサンライズレッドなのかな?
【サイズ】R/ZIP
【収納サイズ】φ18×36cm(7.3L)
【リミット温度】-12℃
【コンフォート温度】-5℃
【適応身長】~190cm
※ロングは右ジッパーモデルのみの展開となります。

以上、メーカーHPより。


不良オヤジ、大いに悩んだ。
コンフォート温度マイナス5℃なんてなぁ!
こいつが必要なほどの冬山でのキャンプはしないはずだ。
でもなぁ、安いしなぁ。

・・・・。

10分後には会計を済ませていましたw


購入後、4回使用。
H29.1 秋吉台で1泊使用、快適だった。
H29.2 地元の山奥で1泊使用、快適だった。
H29.3 鹿児島で2泊使用、快適だった。

快適ならいいじゃん。
なんで引退の予感なの?

って、このブログを見てくれてる皆さんなら分かっていただけると思う・・・・。
たぶん、バイクでキャンツーされてる方が多いと思うから・・・・。


はい、理由はこれです。


まずは手持ちのシュラフと並べてみましょう。

IMG_4054.jpg

左上から、
ダウンハガー800#1ロング、バロウバック#2、バロウバック#3
左下から、
シュラフマット、ピロー、ダウンハガー#3だ。


横からも見てみよう。

IMG_4055.jpg

IMG_4056.jpg

左から、ダウンハガー800#1ロング、バロウバック#2、バロウバック#3
ダウンハガー#3、シュラフマット、ピローだ。

コンプレッションバックも持っているけれどね。

やっぱりデカすぎだ(´・_・`)

やっぱりなぁ、安いからといってオーバースペックなものを購入しても仕方がないんだよね。
ロングタイプも不要だしなぁ。
やっぱり、定価でもいいからダウンハガー800#2にしておけば良かった。

そんなわけで、典型的な『安物買いの銭失い』を経験してしまいましたよ。

コイツは多分、バイクでは使わないなぁ。
息子と車でキャンプに行くときに使うことにしよう。


でも冬場に、バイクでキャンツーに行く時はどうしよう?
ダウンハガー800#2を買い増しか?
それとも・・・・。

いかんいかん、これ以上散在してどーすんだ(´・_・`)




おしまい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

不良オヤジ。

★休日の過ごし方★
コペンとセロー、スーパ―テネレで気ままにお散歩。
ちょっと寄り道。
ときどき冒険。